投資家目線で採算を重視し、さらにブランディングしたレンタルスペースをプロデュース〜株式会社ブルーロータス 代表取締役 若杉真里氏インタビュー

株式会社ブルーロータス 代表取締役 若杉真里氏

「レンタルスペース」業を投資として考える人が増えている。不動産を購入せずに借り、時間貸しの貸会議室やパーティースペースとして活用すれば、賃料以上の収入になる。高稼働させれば大きな利益が得られる可能性もある。


そんな、「自分が動かなくても収入が入る仕組み」としてのレンタルスペースをプロデュースし、成功をおさめている株式会社ブルーロータスの若杉真里氏にお話を伺った。



養護施設で育ち、働きながら大学へ

―小さい頃、若杉さんは何になりたかったですか?

漫画の「ガラスの仮面」の影響で、女優さんになりたかったですね(笑)。

小学校1年生のときに劇団ひまわりに入りたいと言ったら、「バカいうな」と親に大反対されました。


習いごとはピアノとバレエ。バレエは「この子は闘争心が強すぎて向いてない」と言われ、6歳くらいでやめました。

美しく踊るよりも、他の人より先に行きたいタイプだったんです。

やめさせられた理由を後から聞いて、「ああ、なるほど」と思いましたね。


情操教育には向いてない子どもだったようです(笑)。

3歳くらいの頃、父が起業し、一時期は大成功したようですが、5歳の時に離婚、その後は事業も失敗したと聞いています。


だから一瞬、お嬢様だったのですが、その後の生活は大転落でした。

――といいますと。

7歳の時に母が再婚、8歳の時に妹が生まれました。

その後、両親による虐待が始まったんです。


小学6年生で児童相談所に入りましたが、連れ戻され、再び1年近くを実家で過ごすうちに暴力はひどくなる一方でした。

中学一年の終わり頃、実の父のところまで行って、これまでの養育費全額を実父からもらってこいと母親から言われました。


一人で長野まで行きましたが、1円ももらえません。

母に電話で伝えると、「養育費を払わないのは犯罪だから、警察に行って父親を訴えろ」と言われました。


交番で言われたことを伝えたところ、家出少女として保護され、長野の児童相談所に保護されて埼玉県上尾市の児童相談所に送られました。

――大変な思いをされましたね。

児相の一時保護所って最長2カ月までしかいられず、家に戻るか、教護院(今でいう児童自立支援施設)に行くか、養護施設かという3択になります。

虞犯少年は教護院に行くことが多く、遺棄少年は養護施設に送られることが多いようです。


私は養護施設に行き、高校を卒業するまでそこで過ごしました。

――ご家族から離れたのですね。ごきょうだいは。

妹の連絡先は知っていますが、彼女は私が結婚したことも、子どもがいることも知らないと思います。

妹は妹で、私のように強いタイプではなく、私が家を出た後も大変だったようです。

――学校などにも救いはなかったのですか。

施設に入るまでは、学校にも家にも居場所はありませんでした。

先生や友達は虐待に気づいてかもしれませんが、とくに何もしてくれませんし、私も自分の境遇を話すことができませんでした。


いじめに遭うこともありました。

ろくな服も着ず、食事も満足にしていなかったので、いつもお腹を空かせていました。


施設に入って、ようやく人間らしい生活ができて幸せになりました。

――今ではお母様をどのように思っていらっしゃいますか。

10代の頃は、親が絶対的な存在でしたので、悪いのは自分だと思っていました。

自分が悪いから殴られた、自分が悪いから捨てられたと。


大人になると客観的に見られるようになり、そうではなかったと思うようになりました。

母は2008年に自死しました。


私の人生で一番辛いできごとでしたが、ある意味、母に対する感情がそれで浄化されたように思います。

小さく残っていた母に対する憎しみも消え、苦労した母を可哀想だったという許しの心が生まれました。

――施設では馴染むことができましたか。

養護施設は、特有の寂しさや苦しさ、「見捨てられ感」をもつ子どもたちがたくさんいました。

中学校に上がるあたりからグレはじめる子が多いのですが、本当はとても心の優しい良い子たちばかりです。


非行に走り、窃盗やカツアゲなどで鑑別所に送られるのですが、私は幸いにして、そういう方向にはいきませんでした。

なぜ非行に走らなかったのか、思い当たる理由が3つあります。


ひとつ目は、勉強にあまり苦労しなかったことです。

中学生の時は頑張って勉強していたので良い成績を取ることができ、先生や周りに認められている感がありました。


ふたつ目は、友達に恵まれたことです。

皆、私が施設にいることを知っていたはずですが、差別したり特別視したりせず、普通の友達として優しさや思いやりをたくさんくれました。

本当に感謝しています。


3つ目は、5歳までは母親の愛情をたくさん受けて育ったことだと思います。

5歳までは母親はすごく優しかった記憶があります。


施設には0歳児から乳児院に預けられた子もいましたが、そういう子たちより救いようのない寂しさや心の傷が少なかったのだと思います。

でも、彼らとはほんの紙一重の差しかありません。


もし何かが違っていたら彼らのように非行に走ったかもしれませんし、彼らの気持ちはよく理解できます。

――高校生になって、進路をどのように考えてましたか。

埼玉県の公立高校へ行きました。当時は大学に行くつもりはありませんでした。

法律上、高校を卒業したら施設から出ていかなければなりません。


やりたいこともないのに大学に行ってどうするのかと思っていました。

施設を出て働くという選択肢しかなかったのです。

――それで働きはじめた。

最初はエンターテインメント会社で数ヶ月働き、次に化粧品と健康食品を扱う会社で5年働きました。

お金を稼ぐことに没頭していましたね。


病気や怪我をしても誰も頼れませんから、頼れるのはお金しかないと思っていました。

だから土日も休みなく働いて貯金を増やすことに専念していました。



施設の子たちの希望を目指して司法試験を受けた

――そして転機が訪れた?

23歳になったとき、自分の中で大きな変化があり、大学に行こうと決意しました。

すぐに大学受験の予備校に入り、3カ月ほどの準備期間を経て、24歳で立教大学の社会人入試で法学部法学科に入学しました。


1年生のうちは毎日授業が入っていて大変でしたが、2年生からは授業のある日をまとめることもできました。

大学に行かない日には仕事を入れて、働きながらスケジュール管理していました。

――立教大学を卒業して、さらに早稲田のロースクールに入られたのですね。

今となってみると、不動産業界に入ればよかったと思いますが、当時はとにかく弁護士を目指して司法試験に受かることばかりを考えていました(笑)。

弁護士にならなければ私の人生には意味がないと思っていました。

――なぜ弁護士になりたかったのですか。

やはり自分の生い立ちが大きかったと思います。

先ほども話したように、養護施設の子どもたちの半数は鑑別所や少年院に送られていきましたが、心根は良い子たちばかりです。


でも自分の存在意義や自分の力を誇示するには、暴走族に入ったり、カツアゲをしたり、シンナーを吸ったりという方法しかなかったんだと思います。

大人になってから、そのころのことを思い起こし、少年犯罪に携わる弁護士の本を読むうちに、少年犯罪を扱う弁護士になりたいと思うようになりました。


施設の子どもたちは人生をあきらめていることが多いんです。

卒園してから会うと、女の子は水商売や風俗に入ったり、早く結婚して計画性のない子だくさんで苦労している。


男の子はホストやボーイ、土方になっている。

それらの職業が決して悪いわけではありませんが、私が弁護士になったら、他の道もあるということを知ってもらえると思いました。


彼らの希望になりたいと思ったんです。

――その後、不動産業界に入りましたね。

ロースクールを卒業して5年間で3回受験しました。

1回目は短答で落ち、2回目、3回目は論文試験の点数がギリギリ足りずに落ちました。


その後、パラリーガルもやってみたのですが、事務作業には向いていないことがわかりました。

だから弁護士もならなくてよかったのかもしれません(笑)。


今思えば、不動産の方が動きがダイナミックですし、弁護士に比べれば、誰かに恨まれるということもありません。



「自分が動かずに収入を得る方法」を見つけた

自分が動かずに収入を得る方法

――その後、結婚されご出産。育児をしながら働く不便さから、今のお仕事につながっていったと。

子供が0歳11カ月のとき、保育園に入れて仕事を再開しました。

最初に就いたのは、公務員試験の予備校で法律を教える仕事です。


でも、子どもは毎週のように保育園で病気をもらって熱を出すことが多く、そうなるとつきっきりになりますので、月の半分も働けないことがしばしばありました。

時給仕事ですから収入がどんどん減ってしまう。


自分が動かずにお金を生み出す方法を見つけなくてはと焦るばかりで、完全にお尻に火が点いていました。

子供が熱を出すたびにその日もらうはずだったお給料が飛んで行ってしまうような働き方だったんです。


そんなときに、加藤ひろゆきさんの「まずは100万円で一等地の空地を買いなさい」という本を読みました。

この本は衝撃でした。


あまりにも現実離れしたことばかり書いてあるので、他の不動産関係の本を読みあさって勉強しました。

――そして、レンタルスペース事業を考え付いたのですね。

不動産を勉強してたどり着いたのが、レンタルスペース事業でした。

どのサイトか忘れましたが、個人でも貸し会議室・レンタルスペースビジネスはできると書いてあるのを見つけて、「これだ!」と思いました。


最初に目を付けたのは、レンタルスペースのポータルサイトです。

「スペイシー」は知っていましたが、ポータルサイトはまだ少なかったので、それを作れば良い仕事になると思いました。


着手したのは、もう3年ほど前になります。

ようやく完成に近づいていますが、まだ運営はスタートしていません。


きちんと機能を備えたポータルサイトを作ることの難しさを3年かけて思い知りました。

――サイトを作りながら、ご自分でもレンタルスペースを手がけるようになったのですね。

使い勝手の良いポータルサイトを作るには、掲載者、つまりレンタルスペースのオーナーの気持ちを知らなければならないと思い、まず大宮で貸し会議室の運営を始めました。

オープンした次月から5万円以上も純粋な手残りがあり、好調な滑り出しでした。


ビジネスとして良いものだという手応えを感じました。

月あたり5~8万円の利益になり、約50万円の初期投資は10カ月かからずに回収できました。


そこで2室追加し、少し間を開けてさらに2室オープンしました。

月の純粋な利益が20万円を超えるようになって、塾講師の時給仕事をする必要がなくなりました。

――コンサルティングもするようになりましたね。

もともとはポータルサイト運営を本業にしたいと思って、サイト構築に資金を投入していたのですが、そうこうしているうちに、不動産投資を行う方たちから「スペースを作ってほしい」という依頼を受けることが多くなりました。

「大家セミナー」で知り合った不動産の大家さん、貸会議室のオーナーさんの知り合いです。


最初はそうした方たちのスペース作りを、無料で手伝っていました。

そのうち、物件探しから内装デザイン、備品調達から運営まで、まるごと1件お願いしたいという依頼があちこちから来るようになりました。

――それはいつ頃からでしょうか。

2018年の終わり頃だったと思います。

2019年春になると、4、5件の依頼を頂くようになり、レンタルスペースのセミナーも開くようになりました。


1回のセミナーに10~15名が集まってくださり、受講後に依頼くださる方も増えました。

不動産業者の知り合いに声をかけたり、楽待新聞に2回ほど広告を出して集客しましたので、意識が高く、不動産に精通する方が多かったですが、初めて不動産に携わる方もいらっしゃいました。


どの方も、今ではレンタルスペースで利益を出されています。

――今一番力を入れているのは、どの部分ですか。

貸し会議室・レンタルスペースの作成・プロデュースです。

設営や撮影は業者やカメラマンを入れますが、最初の物件選びには、どうしても目利きの力が必要です。


物件の良し悪しを判断するのは、今の段階では私以外にはできないと思っています。

信念として、むやみやたらに数を増やすことは考えていません。


数を増やせば儲かるとわかっているのですが、実は貸し会議室で利益を出せる物件は本当に少ないんです。

不動産業者は頑張って貸し会議室OKの物件を紹介してくれますが、私はそこからさらに振り落として、厳選物件だけを扱っています。



レンタルスペース成功の鍵は、物件を見分ける「目利き」

――レンタルスペースを始めようと思ったら、どうすればいいのでしょうか。

1年前に比べると、貸し会議室OKの物件そのものはずいぶん増えました。

でもスペース投資家も増えていますから、全体としては足りていない状況です。


大家さんは基本的に不特定多数の第三者が利用することを嫌がりますから、それをOKしてくれる物件を探すのが最初のハードルになります。

提携している不動産会社100社に電話しても、貸会議室の許可が出る不動産物件はほんの5件、パーティースペースとして使える物件だと1件くらい、というほど少ないのです。


そしてその5件のうち私が4件を振り落としますので、いかに貸し会議室に使える物件が少ないかお分かりいただけると思います。

――そこまで振り落とす必要があるのですか。

振り落とすのは、儲かるかどうかわからない物件です。

お客さんが儲かる物件でなければ契約する意味がありませんから。


他社では物件を10件見つけたら10件全部を使おうとします。

それは増やした方が儲かるからです。


でも、私はそんなやり方で管理物件を増やすのが正しいとは思っていません。

弊社に依頼してくれるスペース投資家の方々が儲かるようなレンタルスペースにしたいので、厳しい基準でチェックしているわけです。

――物件を決めたら、次は何をしますか。

物件に合わせたコンセプト作りをします。

たとえは新橋などでは男性の利用者が多くなりますので、女性っぽいイメージのお部屋を作っても意味がありません。


逆に大久保などでは女性利用者が多いので、男性的なスペースは合いません。

そのようにターゲットを設定し、それに合うスペースを作ります。


次に、たとえば歌舞伎町に近かったら24時間設定にするなど、スペースごとに適切な営業時間を設定します。

――やはり立地が重要なんですね。雑居ビル系とマンション系では、どちらの方がいいのでしょう。

女性利用者の目線ではマンション系の方がキレイですから人気がありますね。

清潔感のあるビルなら雑居ビルでもいいのですが、1階の飲食店の臭いがするようなビルは女性の印象が悪くなります。

――どんなスペースが理想的なのでしょうか。

私は不動産賃貸とレンタルスペースビジネスは、まったく別ものと考えています。

不動産賃貸というのは結婚のようなもので、ちょっと外見が悪くても自分を好きになってくれる人が一人いれば結婚できる。


つまり、ボロボロの戸建でも、誰かが入居してくれれば不動産賃貸業は成り立ちます。

でも、貸会議室の場合は、不特定多数の人間が利用するわけですから、誰か一人に気に入られるだけではビジネスとして成り立ちません。


綺麗でみんなに人気のある外見でなければ、たくさんの人が時間単位で少しずつ使ってくれません。

そんな「みんなの人気者」、アイドルであってこそビジネスとして成り立つのです。


そういう意味で、まずは見た目が重要視されると思います。

物件の箱自体があまりにも汚いと、運営を続けるのはなかなか難しいと思います。


そのような条件の悪い物件は、そもそも選ぶべきではないか、それなりにお金を投入して直す必要があると思います。

――今後の展開をお聞かせください。

もっとクオリティの高いスペースを作っていきたいと思っています。

利用者が「このスペース、すごい!」と思ってくれるような、ブランディングされたスペースです。


それには、スペース投資家の方々の協力が必要です。

スペース投資家の方々は利回りの高いスペースを作りたいと考えていますので、初期費用をなるべくかけたくありません。


私たちもそういった方々のご希望に沿うように設計していきますが、本音としては、もっと利用者の方に喜んでもらえるスペースを作りたいと思っています。

なかなか難しいせめぎ合いです。


あまり利回りを追いかけず、長期的に存続できるスペースを作れたら幸せですが、そこはこれからの課題だと思っています。

――今後の見通しなどございますか。

今年中に何室というような数値目標はありません。

それよりもクオリティですね。


投資家目線で採算性も重視し、さらにできるだけブランディングしたスペース、利用者にとって居心地の良い、また使いたくなるスペースを作ることです。

限られた予算の中で、感動できるスペースを作りたいと思っています。


世の中にひとつしかないスペースを生み出すということは、ある意味、芸術品をひとつ生み出すようなものだと思っています。

ささやかながらも自分の満足のいくものを残していきたいと思っています。



ブルーロータス会社概要
===========================
社名 株式会社ブルーロータス
設立 2018年5月14日
代表者 代表取締役 若杉真里
所在地  〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座1丁目ビル4F
事業内容  
・ポータルサイト「アリエ・スペース」の運営
・貸会議室運営の支援事業
・不動産賃貸業
===========================
取材日:2020年2月17日